注目銘柄

auから衛星通信まで: KDDI(9433)株式会社の多様な事業領域【ロキ兄/注目銘柄】

ロキ兄
ロキ兄
こんばんは、ロキ兄さんです。

本日も注目銘柄をゆる~く語っていきます。

注目銘柄! KDDI(9433)

概要

KDDI株式会社は、東京都に本社を構える日本を代表する大手電気通信事業者です。

その存在は、日本国内外で高い信頼と影響力を持ち、特に「au」ブランドを中心とした携帯電話事業を通じて幅広いユーザーにサービスを提供しています。

今回は、KDDIの歴史と事業内容、決算情報やチャート分析をご紹介します。

KDDIの歴史

かつて特殊会社として国際通信サービス事業を独占的に行っていた「国際電信電話」(通称KDD)、そして「日本高速通信」(通称TWJ)、そしてトヨタ自動車が経営参加していた「ケイディディ」(旧:国際電信電話/KDD+旧日本高速通信/TWJ)として始まります。

2000年の合併により、3つの企業が一つの存在となり、第二電電(DDI)を母体とする形でKDDI株式会社が誕生しました。

ロキ兄
ロキ兄
KDDIという社名はKDD、DDI、IDOの組み合わせで意外とシンプルな理由だね

その後もKDDIは成長を続け、2001年には携帯電話事業の日本移動通信(IDO)を統合。2005年にはエーユーグループ、2006年にはツーカーグループ、そして業務提携相手であった東京電力子会社の通信事業者パワードコムも吸収合併されました。

これによって、KDDIは多様な通信サービスを提供する総合通信企業としての地位を確立しました。

 

2012年には、総合通信サービスブランド「au」のロゴデザインが「au by KDDI」から「au」に変更され、ブランドの統一が進行しました。2014年には、KDDIフィナンシャルサービス(現:auフィナンシャルサービス)が設立され、金融領域への進出が始まりました。

2017年には、ビッグローブの株式を取得し、完全子会社化。さらに、宿泊予約サイトReluxの運営会社ロコパートナーズやイーオンホールディングスを買収し、多様な分野での展開を進めました。

2019年は、決済・金融事業の強化を目指して、中間金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」を設立し、関連する6社を傘下に統合。これにより、「au」を冠した新しい社名が登場し、幅広い金融サービスを提供する基盤を築きました。また、ルクサを完全子会社とし、「auコマース&ライフ株式会社」が誕生しました。

これらの動きは、KDDIが多角的なビジネス展開と戦略的なパートナーシップを通じて、さまざまな分野で成長を遂げてきたことを示しています。今後も、KDDIの展望に注目です。

事業内容

KDDIグループは、2020年3月期から「パーソナル」と「ビジネス」という2つのセグメントに事業を再編し、さまざまな分野で事業を展開しています。

パーソナルセグメント

パーソナルセグメントでは、個人のお客様向けに幅広いサービスを提供。通信サービスに加えて、コマース、金融、エネルギー、エンターテインメント、教育など多岐にわたる分野でサービスの連携を行い、新たな体験価値を提供しています。

また、アジア地域を中心に海外展開も積極的に行っており、新たな市場での成長を目指しています。

ビジネスセグメント

ビジネスセグメントでは、法人のお客様向けにデバイスやネットワーク・クラウドなどのソリューションを提供。データセンターサービスも展開しており、5GやIoTなどの技術を活用したソリューションを提供し、お客様のビジネスの成長を支援しています。

中小企業向けには地域に密着したサポートを行う連結子会社も存在し、地域経済の発展に貢献しています。

ロキ兄
ロキ兄
国内は個人向け、海外は法人向けの事業が多いよ

KDDIグループは、これらのセグメントを通じて多様な分野でのサービス提供を展開し、顧客の多様なニーズに対応しています。

 

最新の決算

KDDIは7月28日に第1四半期決算を発表しました。

『近年、通信の機能は社会全体に浸透し、個々人の生活に欠かせない存在となっています。政府も「デジタル田園都市国家構想」を推進し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めることで社会課題の解決や地域活性化を目指しています。このような中、KDDIは事業環境の変化に対応し、自社の存在意義を「KDDI VISION 2030」に明示しました。このビジョンは「つなぐチカラ」を進化させ、誰もが思いを実現できる社会をつくるというものです。

「KDDI VISION 2030」を実現するため、通信事業を中心としつつも、新たな付加価値の創造や社会の持続的成長に貢献することを目指しています。また、「中期経営戦略 (2022-24年度)」を通じて、サステナビリティ経営を基盤に、サテライトグロース戦略や金融、エネルギー、ライフトランスフォーメーションなどの注力領域を強化し、企業価値の向上と社会の持続的成長を推進します。』

売上高:1兆3325億円 (-1.4%)

営業利益:2,666億円 (-10.3% )

経常利益:2,768億円(-8.0%)

純利益:1,769億円 (-7.9%)

 

また、今後の見通しについては、以下のようになっています。

売上高が約+2.3%、営業利益が約+0.2%、純利益が約+0.1%を見込んでいます。

ロキ兄
ロキ兄
既存の通信事業は微減も、次世代を期待しているDX事業が2ケタ成長なのは今後に期待できるね

 

チャート分析

MARKET SPEED

週足10年チャートを確認すると、下は1,660円から上は4,630円の範囲で推移しています。

2015年から2018年まで横ばいトレンドとなっていましたが、その後2022年の5月までは堅調な上昇トレンドに。

4,636円を天井に、最近は横ばいトレンドに戻りそうなチャートとなっています。

 

テクニカル指標で見るとRSIは標準、ボリンジャーバンドはやや高値を示しています。

ストキャスは低いところでゴールデンクロスを形成。

パラボリックは6月末から下落トレンドを示しています。

一目均衡表の雲を抜けずに反発したのでまだ上昇余地はありそう。

ただ、4,636円がここ10年の天井なので順調な上昇もそこまでかなと思います。

ロキ兄
ロキ兄
上昇トレンドか横ばいトレンドか見極めたいところです

 

ロキ兄
ロキ兄
※投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村